ごんの独り言〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近の話題から〜

<<   作成日時 : 2013/11/10 22:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夕刊をゆっくりと読んでいたときに思ったことを〜〜
こんな記事でした。

動物好きなら、街のショーウインドウを覗いてみたら、毛皮製品の多さがきになると〜〜牛革や豚皮など食肉の副産物としての革製品もあるけれど、毛皮をとる為だけに利用される動物も少なくないことを知っているのか?と〜

動物福祉の5原則、適切な栄養管理、快適な住環境に努め、肉体的苦痛無く、その動物らしい行動の自由を与える。ところが毛皮用として飼われている動物にはその配慮がなされていないようなのですね〜〜
そういう環境で育てられた動物たちは、その5原則も守られずに、絶命前に皮を剥ぐような事が行なわれているのだそうです。なんと可哀想な〜〜

特に日本はこうして作られた毛皮の輸入量が多いのだとか。
ウサギ、狐、ミンク等々〜〜どう思われますか。
酷いですねぇ。未だ生きているのに香川を筈など、信じられません

食肉様の牛たちだって、生命の危機を感じるのだそうで、逃げようとすると以前に読んだことがあって、其れを知ったときに、牛肉が当分食べられなかった事があるんですよ〜〜だから食べるときには感謝していただくようになりました。
牛だけでは無く、豚肉だって鶏肉だってです。無駄にしないように、食べ過ぎないようにと、心するようになってから、何十年になりましょうかねぇ

それからは、畠の肉と云われる大豆製品を多く食べるようになりました。
其れと、我が家には革製品は買うことはありますが、そのほかの襟巻きだとかはもっておりません。
皮の靴は買いますが、なるべく選らんで、履きつぶすまで大事に履いております。
上の記事を書かれていたのは動物病院のかたです。

私たちは飼っている動物をかわいがり、少しでも具合が悪いと家族のように扱うのに、装飾品ともなると鈍感になっていはしないかと。
我が家だけ、個人のことさえ良ければ良いと思い違いをしてはいないか??とおもったんです。

皆様どう思われましょうや??一寸気になってかいてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近の話題から〜 ごんの独り言〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる